忍者ブログ
まっすぐ進めずに TOEOの生活を書いた日記
カウンター
プロフィール
HN:
シールズ
性別:
男性
流派:
不破圓明流
趣味:
ゲームとサッカーみたりとか…
自己紹介:
バロール出身のファラに憧れる修羅。
最近、調子に乗ってブログを開設に至るが不慣れなため変なページになりそうな予感が………
フリーエリア
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[04/07 はるっぴ]
[03/23 はるっぴ]
[02/24 はるっぴ]
[01/19 ミロル]
[01/06 ろうそく]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ラシュアンに来てから数日後のことだった。

ある朝、ファラの家に珍しいお客さんが訪れました。

ノックの音を聞いたファラは返事をする。

ファラ 「どなたですか?」

男 「わしだよ、わし」

声を聴いた瞬間にファラは驚いた

ファラ 「その声は!」

ファラがドアを開けて目の前に立っていた男は…

ファラ 「フランコ師範! お久しぶりです!」

フランコ 「ファラも元気そうで何よりだ」

ファラ 「そうだ!紹介します。中にいる子は、仕事を手伝ってもらっているシールズです」

フランコ 「知っておる」

シールズ 「いやぁ……」

間が悪そうにしていると師範が答える


フランコ 「うちの師範代をことごとく倒してくれたんでな」

ファラ 「えええええ!?」

シールズ 「あの時はどうも…」

ファラ 「だからフランコ師範のこと知ってたんだ…」

シールズ 「と、とりあえず作業してるね、ごゆっくりどうぞ」

そう言いながら家を出て行った


ファラは呆れたように

ファラ 「まったく…そうならそうと言ってくれてもいいじゃない」

フランコ 「見事なまでにやられてしまったからなぁ」

ファラ 「お茶でも淹れますよ。どうぞ椅子にかけて下さい」

フランコ 「それはすまんな」


ファラはお茶を淹れ、椅子に座りながら話しかけた

ファラ 「珍しいですね師範がわざわざ家まで来られるなんて」

フランコ 「そろそろかと思ってな」

ファラ 「何のことですか?」

フランコ 「やるんじゃろ?あやつと」


ファラは驚きながら答える

ファラ 「いえ、私は…格闘家ではないですし…」

フランコ 「嘘をつくな」

ファラ 「私はファーマーですから…」

フランコ 「ならお前の手を見せてみろ」

そう言われるとファラは手を差し出した

フランコ師範はファラの手に触れ、腕を掴み、肩を叩いた

ファラ 「師範、これは?」

フランコ 「何故体を鍛えている?ファーマーには必要ないものだ」

ファラ 「それは…」

フランコ 「ファラがどう思っているか別にして、心の底では強くなろうとしている」


少し間を置いてファラが答える

ファラ 「やはり隠しきれないものなんですね…」

フランコ 「仮にも師範だからな」


ファラは重い口調で尋ねる

ファラ 「師範、私は彼女に勝てますか?」

フランコ 「勝ってもらわなくては困る、これは道場としての問題でもあるからだ」


ファラ 「教えてください、レグルスの技のようでそうでない、あの子の技は一体なんですか?」

フランコ 「恐らくは遠い分家なのだろう、レグルスの技を使うのはそこから来ているはずだ」

ファラ 「それ以上に恐ろしいのは、あの子の技が打撃だけでなく投げる,極めることもできる言わば総合格闘技という所です。」

フランコ 「その通り、レグルスの技を知りつつも返し技を豊富に持ち合わせている…
うちの師範達が手も足もでなかったのはそこにある」

ファラ 「まるでレグルスを倒すための技…」

フランコ 「わしでは到底敵わないだろう…今となってはファラがレグルス最強の拳士だ」

ファラ 「最強かどうかわかりませんが…私はあの子と戦いたい!」

フランコ 「決まりだな……場所と時間が決まったら教えてくれ」

ファラ 「わかりました…後日連絡します」

フランコ 「ならば、わしは帰ろうかな」

ファラ 「折角ですし、ゆっくりしていってください」

にっこり笑いながら答える

フランコ 「わしも道場をすっぽかして来たからな」

ファラ 「はぁ…そうなんですか…」

フランコ 「忙しいところに来て悪かったな」

ファラ 「いえ今日はそれほどでもないですから」

フランコ 「そうか…ではさらばだ」

ファラ 「はい!また今度道場にも遊びに行きますね」

フランコ 「いつでも来てくれよ」

そう言うとドアを開け師範は帰っていった

………


ファラ 「朝からびっくりしたなぁ…」

作業しながらシールズに話かけた

シールズ 「わざわざ来るなんて、私の事怒ってた?」

ファラ 「うん、怒ってた」

シールズ 「うそ!!?」

ファラ 「冗談だよ」

シールズ 「何だ…」

ファラ 「でもね、もっとびっくりすることがあるんだよ」

シールズ 「どんなこと?」

ファラ 「私決めたよ…シールズと戦うって」

シールズ 「え…………?本当!!!?」


その13に続く


■コメント■

はるっぴ

まるでドラクエ!?
そんな話にはなりませんw

いよいよクライマックスに突入ですかね

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ま・さ・か・・・・
○○はこれからだ~という展開じゃないですよねw
はるっぴ 2009/04/07(Tue)03:08:09 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]