忍者ブログ
まっすぐ進めずに TOEOの生活を書いた日記
カウンター
プロフィール
HN:
シールズ
性別:
男性
流派:
不破圓明流
趣味:
ゲームとサッカーみたりとか…
自己紹介:
バロール出身のファラに憧れる修羅。
最近、調子に乗ってブログを開設に至るが不慣れなため変なページになりそうな予感が………
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/07 はるっぴ]
[03/23 はるっぴ]
[02/24 はるっぴ]
[01/19 ミロル]
[01/06 ろうそく]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



ファラ 「それじゃ、おやすみなさい」

シールズ 「おやすみ~」

結局、二人は床で寝始めた



ファラはすぐに静かになってしまったが、シールズはしばらく寝付けなかった

シールズ (人の家だと寝れなくなるってわけじゃないのに…やっぱり気になるな。どうしてファラが戦わないのか。もし戦ったとして勝てるのかどうか…)


考え事をしてると、突然ファラが身を起こした

シールズ 「どうしたの?」

ファラ 「何か眠れなくてね…ごめん、起こしちゃった?」

シールズ 「ううん、私も眠れなくて…」

ファラ 「そっか、眠くなるまで少し話ししてもいい?」

シールズ 「いいよ」


ファラはまた横になり話しを始めた

ファラ 「何か考えること多くて…」

シールズ 「どんなこと?」


ファラは一瞬言葉に詰まった

ファラ 「私があなたと戦おうとしない理由なんだと思う?」

シールズ 「ファラは世界を守るために戦ってたから。今は必要ないってことじゃないの?」

ファラ 「違うの、確かにそれもあるんだけど……」

シールズ 「けど?」

ファラ 「恐いんだよ」

シールズ 「私が?」

ファラ 「あなたも…だけど、自分の中にあるものが…」

シールズ 「え?」

ファラは深刻な声で話しだす…

ファラ 「昔、私が小さい頃、村の人達に取り返しのつかない酷いことをしてしまったの…」

シールズ 「うん…」

ファラ 「私はしばらく後悔と自責の念で押し潰されそうになって、ずっと泣いてたと思う」

シールズ 「ファラにとってトラウマになる出来事があったんだね…」

ファラ 「みんながいてくれたから今はもう大丈夫だよ…」

ファラ 「でもね、その時はその重圧から逃げたくて、これ以上他の人を傷つけたくなくて、嘘の自分を作ってたんだ…」

シールズ 「嘘の自分って?…」

ファラ 「自分が嫌いだったから必要以上に明るく振舞ったり、他人に尽くして無理にでも頼られる自分を作ろうとしてたと思う…」

シールズ 「そう…」

ファラ 「ある時ね、格闘技を始めたの」

シールズ 「どういうきっかけ?」

ファラ 「生まれ変わりたかったんだよ…肉体的にも精神的にも」

シールズ 「そう思えたのはいいことだよね」

ファラ 「うん、確かに最初のうちは稽古している間は嫌な事も忘れられたし、強くなっていく実感があったのは嬉しかった」

シールズ 「そこから何かあったの?」

ファラ 「ある時気づいたんだよ、もう一人の自分がいることを」

シールズ 「それは……」


シールズが喋りかけたが、ファラが話しを続ける

ファラ 「ただ強くなりたいだけの力を求めることに喜びを感じるもう一人の自分…
自分の中にいる修羅に気づいたから、道場を辞めることにしたんだよ」

シールズ 「そっか、ファラにも…いるんだね」

ファラ 「え?」

シールズ 「私にもいるんだよ」

ファラ 「何が?」

シールズ 「私ね、小さい頃一度だけラシュアンの近くまで来たことあったんだよ」

ファラ 「そうだったの?」

シールズ 「でもモンスターに襲われて、危険な目にあったの…その時にね、助けてくれた人がいたんだ」

ファラ 「その人って…」

シールズ 「緑色の髪の女の子だった」


ファラは驚きながら聞いた

ファラ 「それって…私?」

シールズ 「名前は聞けなかったけどね…」

ファラ 「私なんだと思う、はっきり覚えてないけど…」

シールズ 「やっぱり…そうなんだ」

ファラ 「モンスター相手に修行してたこともあるし…きっとそうだ」

シールズ 「よかった…あなたに会えて」

ファラ 「そうだったんだ…」

シールズ 「その時わかったんだ、私の中にも修羅がいる…そして目の前にいる修羅のようになりたいと…」

ファラ 「でもね……もしシールズと戦うことになったら、私の中の修羅があなたを殺してしまうかもしれない…」

シールズ 「かまわない」

ファラ 「嘘…」

シールズ 「嘘じゃない、ファラの中に修羅がいるのならそれを抱えたまま生きていたらいつか爆発してしまうよ…」

ファラ 「ごめん…それ以上は聞きたくない…」

シールズ 「わかった…」

そして、二人は黙り込みそのまま深い眠りについたのだった…


その12に続く


■コメント■


はるっぴ

ファーマーになるのもいいなとは思っていますb

でもそうするかどうかまだ少し先の話だったり…



ミロルさん

いまさらですがコメントを頂いていたのをさっき確認させてもらいました^^;

3月
ですがあけましておめでとうございます…b

お元気そうでなによりです^^

駄文ばかりのブログですがどうぞ宜しくお願いしますb

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
シールズクエストⅢ~そして修羅へ~が始まるのですねw
ついに頂上決戦ですか 楽しみですね
はるっぴ 2009/03/23(Mon)13:32:12 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]