忍者ブログ
まっすぐ進めずに TOEOの生活を書いた日記
カウンター
プロフィール
HN:
シールズ
性別:
男性
流派:
不破圓明流
趣味:
ゲームとサッカーみたりとか…
自己紹介:
バロール出身のファラに憧れる修羅。
最近、調子に乗ってブログを開設に至るが不慣れなため変なページになりそうな予感が………
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/07 はるっぴ]
[03/23 はるっぴ]
[02/24 はるっぴ]
[01/19 ミロル]
[01/06 ろうそく]
ブログ内検索
最新トラックバック
バーコード
[67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



シールズ 「いただきます!」

ファラ 「どうぞ召し上がれ」

仕事を終え、結局夕食をご馳走になることになった。

今日の夕食はクリームシチュー

お腹を空かせた2人はご飯を食べ始める…


シールズ 「やっぱりおいしい!」

ファラ 「そう?ありがとう」

シールズ 「なんでこんなにおいしく作れるの?」

ファラ 「素材がいいんだよ…今日リッドから、お肉もらっちゃったしね」

シールズ 「毎日おいしいご飯食べれるならずっとこの村にいたいなぁ…」

ファラ 「いいんじゃない?のどかで何にもない村だけどさ」

シールズ 「何かこの村に来た理由を忘れそう…」

ファラ 「きっとファーマーになるためにここに来たんだよ」

シールズ 「そっか、そうだったかもしれないね…とりあえずおかわりしとこうかな」

ファラ 「はい!いっぱい食べてね」

シールズ 「ありがと!」

………


二人は食事が終えた後しばらく談笑してるうちに夜遅くなってしまった

シールズ 「随分遅くなっちゃったかな?」

ファラ 「今日は泊まっていきなよ、宿はもうないだろうし」

シールズ 「何から何まで悪いねぇ」

ファラ 「大丈夫!仕事はあるから!」

シールズ 「そこは心配してないから!」

ファラ 「まぁ冗談は置いておいて…」

シールズ 「おいて?」

ファラ 「正直に言うと、今は戦いたいって気持ちと
そうしてはいけないって気持ちが混ざり合ってよくわからないんだよ」

シールズ 「時間が必要ってこと?」

ファラ 「そう」

シールズ 「急かすつもりはないけど、何を迷っているの?」

ファラ 「ん~……負けちゃうのが怖いからかなぁ~」

シールズ 「またそうやってはぐらかすのか……まぁそれだけの事情があるってことだよね」

ファラ 「そういうことかな…」


そう言った後、思い出したように

ファラ 「そうだ、お風呂いれないとね」

シールズ 「手伝うよ」

ファラ 「いいよ、お客さんだし」

シールズ 「そう?じゃあせっかくだし、夜の村でも散歩してくるね」

ファラ 「うん、いってらっしゃい」

……


シールズは澄み渡る夜空を眺めつつ、月明かりに照らされながら考え事をしていた

シールズ (ここはいい所だね、ファラはいい人だし。このままの時間を過ごせたらどんなにいいだろうな…でも そんなことをする為にここに来たんじゃないのにね…)

シールズ (ファラはどうして戦いたくないの?確かに私のわがままなのは間違いないんだけど…それにしても意味深だよね)

シールズ (考えてても仕方ないか)


シュ!

迷いを吹き飛ばすように月に向かって蹴りを放つ

リッド 「見事な蹴りじゃないか」

そう言いながら突然リッドが現れる

シールズ 「見られちゃった?リッドはエッチだねぇ」

リッド 「んなわけないだろ!あと気安く呼ぶな」

シールズ 「じゃあリッド様?」

リッド 「悪かった…リッドでいいよ…」

シールズ 「さすが!優しいね」

リッド 「それより俺にはその蹴り使わなかったな?」

シールズ 「隠してたわけじゃないよ、それより何でここに?」

リッド 「たまたま散歩してたらお前を見かけたんでな」

シールズ 「それは良かった」

リッド 「何が良かったんだ?」

シールズ 「聞きたいことがあってね」

リッド 「何だ?」

シールズ 「ファラが戦うのを躊躇う理由は何なの?」

リッド 「……はっきりとはわからん、けど…」

シールズ 「けど?」

リッド 「強くなりすぎたんだ、戦う理由がない今、この力は世界には必要ない。そう思ってるんじゃないか?」

シールズ 「やっぱりそうなのかなぁ…」

リッド 「とにかくファラが戦おうとしないんだ、俺もそうしてやりたい」

シールズ 「わかった無理にそうしようとはしないよ」

リッド 「それならいい、じゃあ俺はそろそろ帰るぜ」

シールズ 「私も戻るよ、ありがとねリッド」

リッド 「ああ、じゃあな」

……


シールズ (家に戻ってきたはいいけど中に誰もいない…探してみるか)

家の裏に回るとすぐにファラを発見する

ファラは腰を落とし構えていた

ファラ 「はっ!!」

その瞬間数発の突きを一瞬にして繰り出した

シールズ (はえぇ!!恐ろしい速さの突きだ……)

その後ファラはシールズがいることに気づく

ファラ 「帰ってたんだ?お風呂沸いてるよ。先に入りなよ」

シールズ 「え?ああ、悪いね入らせてもらうよ」

シールズ (思った以上に強そうだね…)

……


2人はお風呂に入った後、寝る準備を始める

ファラ 「しまった、ベッドがないかぁ…」

シールズ 「いいよ、私寝袋使うから床で寝るし」

ファラ 「お客さんにそんなことさせられないよ」

シールズ 「自分の家なんだしそこまでしなくていいよ」

ファラ 「そういうわけにもいかない……あ!そうだ!」


そう言うと、ファラは物置から何かを探し出す

ファラ 「あったあった」

シールズ 「なにそれ?」

ファラ 「私の寝袋だよ」

シールズ 「二人で寝袋して寝るの!!?」

ファラ 「うん!1人だけベッド使うよりいいよ」

シールズ 「せっかくベッドあるのにね…まぁいいか」


その11につづく…


■コメント■


はるっぴ

今さらだけど今年もよろしくねw
今年はやらなきゃいけないことたくさんだけど
お互いがんばろうねb

p.s.君の歌唱力は確実にあがっているぞb


ろうそく

お久しぶりです!

春から社会人ですか~
この場を借りてお祝い申し上げますb
こっちは逆に学生に戻っちゃうけどねw

とはいえお互いがんばらないとですね!
今年もよろしくお願いしますb

PR


この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
今更
>>きっとファーマーになるためにここに来たんだよ
この際なっちゃえばw
はるっぴ 2009/02/24(Tue)16:34:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]